Tokyo Red Light

トウキョウレッドライト

ABOUT THE ARTWORK

ANCHANが初めて日本に来たとき、巨大なメガポリスである東京のランドマークとなっていたのが東京タワーでした。エッフェル塔に似ていると同時に、モニュメントを取り巻く雰囲気が全く違うことから、このダウンタウンがさらに好きになり、この街とのつながりを持つようにりました。

建築家である彼は、エッフェル塔の構造の複雑さを深く理解しており、その美しさを今までにない自分のスタイルで表現したいと考えていました。赤い紙にオレンジ色のインクで描き、数ヶ月かけて描き広げたそのコントラストは、夜になるとモニュメントを包み込むオーラを見事に表現しており、素晴らしい街のシンボル「東京タワー」となっています。

 

When he first came to Japan, the Tokyo Tower became instantly the landmark ANCHAN would gravitate around in this giant megalopolis
that is Tokyo. The resemblance with the Eiffel Tower, yet the completely
different atmosphere that surrounds the monument, led him to love even more this downtown area and to connect with this capital city. 

As an architect, he really appreciates the structure complexity of the tower, and he wanted to represent its beauty with his own style, the way it has never been done before. Drawn with orange ink on a red paper, spread out over several months, the contrast perfectly represents the aura that surrounds the monument at night, and that became the symbol of that amazing city. “Tokyo Tower”