R.D. Micro Melt

R.D. マイクロメルト

ABOUT THE ARTWORK

ロジェ・デュブイは派手な腕時計を作ることを得意としていますが、その中でも人目を引くデザインのエクスカリバー・クアトゥオールシリーズは、ANCHANのインスピレーションの源となっています。「クアトゥオール コバルトマイクロメルト」は、世界初の4つのトゥールビヨンを搭載した腕時計でありながら、高性能合金であるコバルトクロムを初めて採用したという、技術の進歩を感じさせる稀有なモデルとして、文字通り作家の目に輝きを放っていました。複雑さ、革新的なデザイン、完璧にバランスのとれたムーブメント。

 ANCHANにとってバランスは完璧なものであり、彼の独特の芸術的なスタイルは繊細さとバランスを重視したものであり、この作品は200時間以上もの時間を費やして完成させました。そして、彼の複雑な作品にはいつものように、この作品には目に見える以上のものがあります。何千もの線を徹底的に調べて(できればルーペを使って)、初めて、一見では見えない言葉や表現に気づくことができ、さらに驚きの層を加えます。例えば、「audacity(大胆さ)」、「technicity(技術性)」、オリジナルの時計の動力源となっているムーブメント「RD101」、ロジェ・デュブイが使っていたキャッチフレーズ、「Dare to be rare(あえてレアであること)」などが挙げられます。

通常、黒から白へのグラデーションで構成されるモノクローム調で制作されていますが、この作品はANCHANの時計シリーズで初めてカラーを採用した作品で、オリジナルモデルのデザインにちなんで、鮮やかでありながらも繊細な赤を表現しています。

 

Roger Dubuis excels in creating ostentatious wrist watches, and the Excalibur Quatuor series with its very eye-catching design has been a source of inspiration for ANCHAN, in particular the Quatuor Cobalt MicroMelt model That watch literally sparkled into the artist’s eyes as a rare piece of technological advance, being the first wrist watch in the world with four tourbillons, but also the first one using a high-performance alloy: the cobalt chrome. Complexity, innovative design, perfectly balanced movement, as many elements that resonate with the artist’s approach on designing a new artwork. 

For ANCHAN, balance is perfection, his distinctive artistic style is all about details and balance, and this artwork took him over 200 hours of precise and focused efforts to complete. And as always in his intricate creations, there is more to this piece than meets the eye, only through thorough examination of the thousands of lines (preferably with a magnifying glass) will the audience notice all the words and expressions seemingly invisible that add another layer of surprise. To name a few, “audacity”, “technicity”, “RD101” which is the movement that powers the original watch, or the catchphrase used by Roger Dubuis: “Dare to be rare”.

Usually created in monochrome, made of a gradation going from black to white, this piece is the first in ANCHAN’s watch series to use color, this one displays vibrant yet subtle touches of red directly referring to the original model design.