The beast among the angels

天使のようなビースト

ABOUT THE ARTWORK

SLS AMGは、メルセデス・ベンツとして初めてAMGが全面的にゼロから製作した自動車で、200610月から20074月までの間、現代の300SLガルウイングの復活を目指して設計されました。また、ガルウイングドアがガスストラットで上向きにスイングオープンし、手動で閉じなければならないという特徴もSLS AMGには適応されています。

このスーパーカーは、2010年のレッドドットデザイン賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」をはじめ、「ヨーロッパで最も魅力的な車」として2010年のオート・ビルトデザイン賞を受賞するなど、数々のデザイン賞を受賞している。 また、ドイツ連邦共和国のゴールドデザイン賞を受賞した唯一の自動車でもあります。

ANCHANは上京してきたときにこのクルマを自分の目で見て、そのデザインとゴージャスな美意識に文字通り惚れ込みました。50年代半ばのSL300を彷彿とさせながらも、このスーパーカーの卓越した現代的な特徴は、ANCHANの想像力を刺激し、ドイツブランドの中でも最も魅力的な車の一つであるこの「天使の中の野獣」が翼を広げている姿を自分なりの解釈で表現したいと考えたのです。モノクロームのアートワークを構成するディテールに200時間以上の時間を費やし、ドローイングの下の部分をよく見るとタイトルが隠されていることがわかります。

 

The SLS AMG was the first Mercedes-Benz automobile built from scratch entirely by AMG, and designed to be a modern 300SL Gullwing revival from October 2006 to April 2007. The SLS AMG has also adapted the feature of the gull-wing doors that swing open upwards on gas struts, and must be closed manually.

This super car has won a number of design awards, including the 2010 red dot “best of the best” award, and the Auto Bild Design Award 2010 as “Europe’s most attractive car”.  It is also the only automobile to have won the gold Design Award of the Federal Republic of Germany.

 

ANCHAN saw this car with his own eyes when he first came to Tokyo, and literally fell in love with its design and gorgeous esthetics. The references to the mid-50’s SL 300, yet the outstanding modern features of this super car hit ANCHAN’s imaginary, and he wanted to give his own interpretation of this “Beast among the Angels” spreading its wings, as a tribute to one of the most desirable cars of the German brand. He spent more than 200 hours refining the details that compose this “monochrome” artwork, and its title can actually be found hidden in the intricate details by looking closely into the bottom part of the drawing.